鳩をベランダへ寄せ付けない為の対策方法|グッズも活用しよう

作業員

無理しないこと

ハチ

家の中に蜂が侵入してきたときに、殺虫剤を使って、蜂の駆除を行うことと、一般的にいう、いわゆる「蜂駆除」とは、言葉としては同じであるものの、実際の作業は大きく違っています。毎年のように、日本各地で蜂の被害が出ている中で、その原因としては、巣の存在に気が付かずに、近づいてしまうことが最も多くなっています。スズメバチの仲間は、巣に近づく敵を追い払おうとするだけではなく、毒針やアゴを使って徹底的に攻撃を仕掛けてきます。これらの被害を排除しようとする場合、一匹一匹の蜂を駆除するのではなく、巣を除去することが本当の意味での駆除を意味しています。こうした作業は、繁殖が活発になっている場合、知識と経験がないと安全に行うことは難しいのが現実です。

ハチにこれまでに刺された経験を持っている人が、再び刺されてしまった場合、アナフィラキシーショックにより、死に至る場合さえあるため、刺されるという最悪の事態は避ける必要があります。普通の恰好でハチを駆除するようなことは、自殺行為と言っても過言ではなく、極力避ける必要があります。特に、スズメバチの活動が活発になる秋から晩秋にかけては、特に注意する必要があるのです。スズメバチの巣を見つけた場合、まずは近づかないことを大前提にし、むやみに大声を上げたり、騒ぎ立てるような行為は、スズメバチを刺激してしまう可能性があることから、慎むべき行為の一つと言えます。そして、できるだけ早い段階で、専門業者に相談することが大切です。