鳩をベランダへ寄せ付けない為の対策方法|グッズも活用しよう

作業員

より安全に取り除く

ハチの巣

忙しい人も安心

スズメバチの巣が自宅にある場合、自分で取り除くことが難しいと感じる人もいるでしょう。また遠方に住んでいる親戚の家にスズメバチの巣ができてしまった場合、家主ではどうにもできないことから、家主に代わって駆除業者に依頼をする利用者が多いです。スズメバチの巣を駆除するときには、スズメバチに対する知識が必要となってきます。むやみやたらに取り除こうとするとスズメバチに襲われてしまう危険があることから、スズメバチに関する知識を有している専門業者に駆除の依頼をする人が多いです。 忙しい人も業者がスズメバチの巣を駆除しているときは、そばで見ていなくても大丈夫なので、依頼のしやすさから利用者が増えています。業者によっては作業終了後にどれくらいの大きさのスズメバチの巣を取り除いたかを写真で見せてくれるところもあります。

スズメバチの生態

スズメバチは頭が良く、1匹の女王蜂を守るために組織が出来上がっています。攻撃を加えるのは雄で、自分たちの巣がある付近に人間や動物が接近しないように警戒している範囲というものがあります。冬から春は女王蜂が冬眠から目覚めた時期で、凶暴性が少ない時期とも言われています。しかし8月から10月ごろは繁殖期であることから凶暴性が非常に高くなり人間に対して襲いかかります。巣が出来上がり初めて来るのは繁殖期の前の時期でそのぐらいの時期からスズメバチがどんどん増えていきます。色にも反応することが研究でわかっており、黒い色に近づく習性があります。業者はスズメバチの巣を駆除するときに白い作業着に着替えて駆除作業に取り掛かります。